月曜

週末の金曜に、
午後帰りが叶わない人には、
翌週月曜の
午後から出勤を
お認めしてもよい
のではないか。

それくらい
余裕のある
世の中のほうが
みんな幸せだと
思うのだが、
どうだろう。

知り合いの
アイデアより。

水不足

ここ数年で
自らの
老いを
感じるのは、
冬になって
人差し指の爪が
すぐに割れるように
なったことだ。

あわせて唇が
今年になって
切れやすくなった気がする。

他にも
いろいろな兆候が
始まりつつある。

水溜まり

週末に
よく通る
川沿いの道で
一カ所だけ
砂利道が
残っていた。

今日通ってみると
舗装がきれいに
されていた。

雨の後など
歩くのに少し
苦労をしたが
もうそれもないと
思うと、
なんだか
もの寂しい気もした。

 

伝々

テレビニュースで
犯人が
「一心不乱に逃げました」
と供述していると
報じていた。

なんか変な
感じがした。

【一心不乱】
一つの事に集中して、
雑念が起こらないこと。
(『新明解国語辞典』より)