「統計ユーザーのニーズに関する調査」へのご協力のお願い(転送)

「統計ユーザーのニーズに関する調査」へのご協力のお願い(転送)

現在、政府では、政府全体における
EBPM(evidence-based policymaking:証拠に基づく政策立案)の定着、
国民のニーズへの対応等の観点から、
抜本的な統計改革及び一体的な統計システムの整備等を政府が一丸となって強力に推進するため、
統計改革推進会議(議長:内閣官房長官)を設置し、統計改革の検討を進めています。

この検討に活用させていただくため、今般、総務省及び内閣官房では、
国の統計を活用していただいている個人や企業、各種法人等の方々から、
統計に関するニーズやご提案・ご意見をお聞かせいただく
「統計ユーザーのニーズに関する調査」を実施することといたしました。

今後、国の統計等の利活用を一層促進していく上で、
①国の統計や各種データの内容
②国の統計等の公表や統計表・個票データの提供
③利活用を行う上で制約・支障となる制度やその運用
等の改善に関する皆様のご意見・ご提案・ご要望を
平成29年3月3日(金曜日)までお寄せください。

統計改革を進めるために大切な調査です。ぜひご協力をお願いいたします。
※ 頂いたご提案・ご意見につきましては、統計改革推進会議に報告する必要があるため、
恐縮ながら、調査に対する回答の受付期間を設けさせていただきましたが、
期間以降に届いた場合も、可能な限り活用させていただく所存です。

調査票や回答の送付先については、以下のHPをご覧ください。
http://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/survey.htm

【本調査に関するお問い合せ先】
総務省政策統括官(統計基準担当)付 統計改革推進担当室
金子、中村、内山、山下
電話:03-5273-5914
FAX :03-5273-1181

 

月曜

週末の金曜に、
午後帰りが叶わない人には、
翌週月曜の
午後から出勤を
お認めしてもよい
のではないか。

それくらい
余裕のある
世の中のほうが
みんな幸せだと
思うのだが、
どうだろう。

知り合いの
アイデアより。

水不足

ここ数年で
自らの
老いを
感じるのは、
冬になって
人差し指の爪が
すぐに割れるように
なったことだ。

あわせて唇が
今年になって
切れやすくなった気がする。

他にも
いろいろな兆候が
始まりつつある。

水溜まり

週末に
よく通る
川沿いの道で
一カ所だけ
砂利道が
残っていた。

今日通ってみると
舗装がきれいに
されていた。

雨の後など
歩くのに少し
苦労をしたが
もうそれもないと
思うと、
なんだか
もの寂しい気もした。